2017/11/02 22:30

関ジャニ・丸山、汗ダクで観客をダマした

舞台挨拶は大盛り上がり
舞台挨拶は大盛り上がり

 [映画.com ニュース] 「関ジャニ∞」の丸山隆平が主演する「泥棒役者」の公開直前イベントが11月2日、東京・日本橋室町のTOHOシネマズ日本橋で行われ、出演の丸山、市村正親、石橋杏奈、高畑充希、ユースケ・サンタマリア、西田征史監督が出席した。

 同映画は、忍び込んだ豪邸で次々と別人に間違えられた元・泥棒の青年(丸山)が正体を隠すため、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と何役も必死に演じて、相手を騙しながら、屋敷を抜け出して恋人(高畑)のもとに帰ろうとするコメディ。

 イベントでは、市村演じる絵本作家が作った童話の猫のキャラクター、「タマ」が登場してから、監督と出演者がステージへ。司会者が「誰か、いないですよね」と水を向け、観客と声を合わせて「丸ちゃん!」と呼びかけると、丸山が着ぐるみの頭を取って、顔を見せた。

 丸山は「すごく暑くて、ビチャビチャです」と汗だらけで挨拶。観客から「分からなかった」と言われると、大役を終えた安心感で笑みを浮かべた。「コンサート中(の汗)はこれ以上ですからねえ。タマを愛でる感じの歓声を味わえたのがうれしい。『丸ちゃん、かわいい』より、『タマ、かわいい』の方が気持ちよかった。西田監督とは2度目のタッグ。とても素敵なエンタテインメントで、喜劇になっている」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >