2017/11/03 18:31

第30回東京国際映画祭、グランプリは近未来SF「グレイン」! 邦画が3年ぶりに観客賞受賞

小池百合子東京都知事、セミフ・カプランオール監督、トミー・リー・ジョーンズ
小池百合子東京都知事、セミフ・カプランオール監督、トミー・リー・ジョーンズ

 [映画.com ニュース]第30回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが11月3日、東京・EXシアター六本木で行われ、各賞が発表された。今年の東京グランプリは、トルコ・ドイツ・フランス・スウェーデン・カタール合作「グレイン」が受賞し、メガホンをとったセミフ・カプランオール監督が1歩1歩、踏みしめるようにステージに上がった。

 同作は混沌とした近未来のディストピアを舞台に、モノクロ映像で紡いだ渾身の一作。トミー・リー・ジョーンズ審査委員長からトロフィー、小池百合子東京都知事から麒麟像を手渡されたトルコの巨匠・カプランオール監督は、「この映画は、長い旅路を経てここに来ました。製作に5年。ここから世界に向かって、広がっていく出発点になると信じています」と破顔した。

 トロフィーを両手で大事そうに抱えながら、「製作に携わってくれた友人、チーム、俳優のジャン=マルク・バールさんにお礼申しあげたい。今、とても興奮しています」と、興奮をはらませるも努めて穏やかな口調で語る。そして「私たち(人類)は世界に害を与えています。生活する全ての瞬間が、その理由になってしまいます。過剰な消費、資本主義。人々や世界に価値を見出すことが必要だと思います。私たちはどこから来て、どこに向かっていくかを理解しなければなりません」と強く訴え、「私は監督として、大地、種子、創造性に敬意を払いながら、作品をつくってまいりました。この結果は、神が導いてくださったと思っています」と戴冠の喜びを噛みしめた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >