2017/11/04 09:00

アルノー・デプレシャン、キャリア集大成の新作「イスマエルの亡霊たち」で「最後の恋を描こうと思った」

(C)2017 Why Not Productions - France 2 Cinema
(C)2017 Why Not Productions - France 2 Cinema

 [映画.com ニュース]「そして僕は恋をする」などで知られるフランスの名匠アルノー・デプレシャンの新作「イスマエルの亡霊たち」が第30回東京国際映画祭で上映された。死んだと思われていた前妻が期せずして戻り、現在の恋人と奇妙な三角関係に陥った映画監督イスマエルと、イスマエルが監督するスパイ映画が組み合わさり、現実と創造の世界が入り混じる愛の映画だ。第70回カンヌ国際映画祭では114分の短縮バージョンが上映されたが、東京国際映画祭では134分の「ディレクターズカット版」での上映となった。短縮版は「三角関係をめぐるロマンス」、そしてディレクターズカット版を「世界としての映画」と語るデプレシャン監督に話を聞いた。

――これまでのフィルモグラフィの集大成のような作品ですね。

 「脚本を書いていて気が付いたのですが、今までの映画に入っていた様々なテーマをすべて集めた集大成になっていることは確かです。普通は、前の作品とは違ったものを作ろうとします。私の場合『あの頃、エッフェル塔の下で』では初恋を描き、初めてスクリーンに現れる若者を撮影しました。ですから、今回の映画では初恋ではなくて、最後の恋を描こうと思ったのです。登場人物たちは、そろそろ老いが迫ってくる、これが最後の恋かもしれない年齢。そして、今回は初めて世界的に活躍するスターたちを起用しました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >