2017/11/04 13:45

鬼才・松本俊夫監督の“映像遺産”を特集上映! 軌跡に迫る記録映画も初披露

「映像の発見=松本俊夫の時代」の一場面 (C)1969 Matsumoto Production
「映像の発見=松本俊夫の時代」の一場面 (C)1969 Matsumoto Production

 [映画.com ニュース]2017年4月12日に85歳で亡くなった映像作家・松本俊夫の特集上映「追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで」が、12月9日から東京の渋谷シアター・イメージフォーラムで開催されることが決定した。

 大島渚監督や寺山修司、作曲家の武満徹や一柳慧、グラフィックデザイナー・粟津潔、写真家・東松照明、建築家・磯崎新といった60年代を彩る豊かな才能と交流し、“松竹ヌーベルヴァーグ”をはじめ当時生まれつつあった革新的な映画表現に大きな影響を与えた松本監督。記録映画、実験映画、劇映画、ビデオ・アートをボーダレスに行き交い、あらゆる分野で先駆的な映像作品を遺した異才として知られ、英チャンネル4の映画評論家ジョン・フォートギャングは「ジョナス・メカス、アンディ・ウォーホル、ゴダールが映画に変革をもたらしていた1960年代、日本でも同じくらい重要な映画の革命が起こっていた。その先頭に立っていたのが松本俊夫である」と評している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >