2017/11/05 07:00

故ジョージ・A・ロメロ監督ハリウッド殿堂入り!ゾンビも祝福

ハリウッド殿堂入り! Photo by Laura Lezza/Getty Images
ハリウッド殿堂入り! Photo by Laura Lezza/Getty Images

 [映画.com ニュース] 今年7月に肺がんのため77歳で死去した、ゾンビ映画の始祖ジョージ・A・ロメロ監督のハリウッド殿堂入りがついに実現した。

 「ゾンビ3部作」として知られる、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生」(1968)、「ゾンビ」(78)、「死霊のえじき」(85)で、後にポップカルチャーの主流となる新たなジャンルを確立したロメロ監督は昨年、その功績が認められてハリウッド殿堂入りが決定していたものの、当人の死によりうやむやになってしまっていた。

 しかしその後、「時計じかけのオレンジ」などで知られる名優マルコム・マクダウェルが発起人となり、クラウドファンディングIndiegogoを通して募金運動が発足。10月25日(現地時間)、ハリウッド大通りにある通称「ウォーク・オブ・フェーム」の星に、晴れてその名が刻まれることとなった。

 米Dread Centralによれば、式典には「ゾンビ」(78)以降、ロメロ作品の常連となったトム・サビーニ、キャスリーン・キンモント(「ハロウィーン4/ブギーマン復活」)、コートニー・ゲインズ(「エクソシスト」)ら俳優に加えて、「ソウ」シリーズのダーレン・リン・バウズマン監督などフィルムメーカーも多数駆けつけ、現在のゾンビブームの礎を築いた名匠に敬意を表した。

 また、生前ロメロ監督と特に縁が深かったマクダウェル、大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」で制作総指揮や監督も務める特殊メイクアーティストのグレッグ・ニコテロ、「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04)のエドガー・ライト監督の3人が代表でスピーチを行い、ゾンビ姿で結集した多くのファンを前に、故人にまつわるそれぞれの思い出をユーモアたっぷりに語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >