2017/11/05 11:00

二宮和也×滝田洋二郎監督、初タッグ作クライマックスで見せた“至高のきらめき”

垂涎の料理も見どころ (C)2017 映画「ラストレシピ 麒麟の 舌の記憶」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎
垂涎の料理も見どころ (C)2017 映画「ラストレシピ 麒麟の 舌の記憶」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

 [映画.com ニュース] 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」(11月3日公開)を鑑賞すると、無性にビーフカツレツが食べたくなる。主演・二宮和也がクライマックスでカツサンドを頬張りながら見せた表情に、メガホンをとった滝田洋二郎監督は深い感嘆の声を漏らした。そのワンカットが魂を揺さぶり、途方もない多幸感が全細胞を駆けめぐったからだ。(取材・文/編集部)

 食べた料理の味を絶対に忘れない“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が、1930年代の満州で天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した“究極のフルコース”を再現するなかで、レシピに隠された謎を解き明かしていく姿を、現代と過去を交錯させ映し出す。絶大な人気と実力を備えた二宮、「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田監督ら、日本映画界を代表する面々が結集。職人芸ともいえる技術の粋を凝らし、完璧主義ゆえに転落した充が再生していく人間ドラマと、軍靴の音が聞こえる満州で巻き起こる歴史ミステリー、そして垂涎の料理の数々を描出してみせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >