2017/11/05 14:00

「シップ・イン・ア・ルーム」監督&キャストが語る 映画とは……

来日した「シップ・イン・ア・ルーム」製作陣
来日した「シップ・イン・ア・ルーム」製作陣

 [映画.com ニュース] 創作のインスピレーションを失ったカメラマンが偶然知り合った女は、家がなく、心を病んだ弟を抱えていた。3人は奇妙な共同生活をはじめる。トラウマから外界に出られない弟を癒すべく、カメラマンは一計を案じる――。ブルガリアのNATFIZ(国立演劇映画芸術アカデミー)で演出を学んだ監督リュボミル・ムラデノフは、ドキュメンタリーを多く手がけ、本作は日常にはびこる孤独や恐怖などのリアクションだとコメントしている。

――この作品はどんなアイデアから生まれたのですか。

リュボミル・ムラデノフ監督(以下、ムラデノフ監督):最初に考えたのは、非現実的な世界をできるだけリアルに伝えたいということでした。起こる確率が低くても、よく考えるとありえるようなストーリーを発想したわけです。

――カメラマンを主人公にしてというのは、最初から発想されていたのですか?

ムラデノフ監督:カメラマンという視点、発想は実は後から思いつきました。最初に考えたアイデアは、治療できない内に籠った登場人物の状況を、どうすれば脱出できるかということでした。人間は日常生活では誰もがそれぞれの世界に入ってうつむいている。でも、何かのきっかけによって、日常から脱出することは可能ではないか……、これが作品のはじまりでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >