2017/11/05 16:00

最優秀脚本賞を受賞「ペット安楽死請負人」が描いた人間の暗部

メガホンをとったテーム・ニッキと、 フィンランドでは名脇役のベテランとして 知られるマッティ・オンニスマー
メガホンをとったテーム・ニッキと、 フィンランドでは名脇役のベテランとして 知られるマッティ・オンニスマー

 [映画.com ニュース] 自動車修理工を営みながら、裏ではペットの安楽死を請け負い、毎日のように依頼人から預かった動物を、排ガスが充満した車で安楽死させているヴェイヨ。彼は身勝手な依頼主達に苦言を呈しながらも、冷静に仕事をこなしていた。ところがある日、健康な犬が持ち込まれ、悩んだ彼は自分の犬として飼うことに。すると、依頼主は彼を責めはじめ……。タイトルから醸し出される非道な衝撃とは裏腹に、まるでハードボイルド映画のような風合いのフィンランド映画「ペット安楽死請負人」。この作品でメガホンをとったテーム・ニッキと、フィンランドでは名脇役のベテランとして知られるマッティ・オンニスマーに話を聞いた。

――ペットを安楽死させる、という悪い男の話のように聞こえますが、まるで勧善懲悪の西部劇のような作品ですね。どうやってこのアイデアを思いついたのでしょう?

 テーム・ニッキ監督(以下、ニッキ監督):私はチャールズ・ブロンソンやクリント・イーストウッドの70年代映画が大好きでして。あの時代の映画から刺激を受けて、それを現代のフィンランドに取り入れたらどうなるだろうかということを、まずは考えました。それで、ずっと敬愛していたオンニスマーさんが演じたヴェイヨを、あのころのクリント・イーストウッドに見立ててやってみたらどうかな、と。あともうひとつ、観た人を冷たい気持ちにさせたまま帰らせない、心をあたためる何かをプラスしてみようと試みたんです。この作品は、おそらく好きか嫌いかの両極端なふたつに意見が分かれると思います。でも、観てくれた誰しもが何かしらを感じ取ってもらえるよう努めました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >