2017/11/05 22:00

イニャリトゥ監督のVR映画、アカデミー賞特別賞を戴冠

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 Photo by Dominique Charriau/WireImage
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督 Photo by Dominique Charriau/WireImage

 [映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のVRインスタレーション「Carne y Arena (Virtually Present, Physically Invisible)にアカデミー賞特別業績賞を授与すると発表した。

 同作は、メキシコからアメリカに越境する不法入国者たちの体験を、360度動画で描く6分半のVR映画と展覧会を組み合わせたもの。カンヌ国際映画祭で初披露され、現在はロサンゼルス、ミラノ、メキシコシティで展示されている。

 アカデミー賞の特別業績賞は常設されてはおらず、90年の歴史のなかで授与されたのは18回しかない。前回の受賞作は史上初の長編CG映画「トイ・ストーリー」で、今回は22年ぶりの授与となる。

 「いまだに発展途上にあるバーチャルリアリティにおける画期的な作品であるだけでなく、アメリカとメキシコの国境問題という政治的で社会的な問題に、わたしたちを本能的につなげてくれます」と、アカデミーは声明を発表している。

 なお、同賞は11月11日(現地時間)に米ハリウッドで行われるガバナーズ賞授賞式で授与される予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >