2017/11/07 12:00

永瀬正敏、初の審査員務めたTIFFで大きな成果「より映画が好きになりました」

審査員を務めた永瀬正敏
審査員を務めた永瀬正敏

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭で、コンペティション部門の審査員を務めた俳優の永瀬正敏。“日本代表”として大役を務め上げた安どとともに、「より映画が好きになりましたね」と初の経験が大きな成果をもたらしたことを明かした。

 ふだんは審査される立場なだけに、就任要請には戸惑いしゅん巡した。だが、「1度は映画を裏側から見ることを体に入れた方がいい年齢になったのかな」と考え始め、加えて30回の節目というタイミング、第1回のグランプリに当たるヤングシネマ・コンペティションの大賞が恩師である相米慎二監督の「台風クラブ」だったという縁もあって決意した。

 もちろん、短期間に15本の映画をひとつの目的意識を持って見るのは初めて。「作り手の気持ちは痛いほど分かる。(コンペに)ノミネートされただけでも素晴らしいことなので、同業者というのは忘れて1映画ファンとして楽しむ、どれだけ心を動かされたかで見るようにしました」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >