2017/11/07 12:00

トミー・リー・ジョーンズが重視した“人間味”と東京国際映画祭への提言

第30回東京国際映画祭コンペ部門で審査 委員長を務めたトミー・リー・ジョーンズ
第30回東京国際映画祭コンペ部門で審査 委員長を務めたトミー・リー・ジョーンズ

 [映画.com ニュース] 記念すべき30回目の東京国際映画祭は、トルコの巨匠セミフ・カプランオール監督の近未来SF「グレイン」が最高賞の東京グランプリに輝き、閉幕を迎えた。コンペティション部門の審査委員長を務めた米俳優で映画監督のトミー・リー・ジョーンズが10日間を振り返った。

 東京グランプリ受賞作「グレイン」は、近未来を舞台に、移民の侵入を防ぐ磁気壁に囲まれた都市に住む種子遺伝学者が、人類の危機を救うため、遺伝子改良に関する重要な論文を執筆中に姿を消した同僚研究者を探す旅をモノクロで描いた。ジョーンズは本作について「てのひらに置かれた穀物(グレイン)以上に人間味のあるものはないのではないだろうか」と評し、「古代の神話的な物語が現代に非常に密接な形で表現できている部分が魅力的だった」と感想を述べた。

 コンペティション部門15作品の中でもっとも大きなテーマ性をもった作品と言えるが、「テーマの大小は検討しなかった。映画のテーマという尺度を図る定規はない」と断言。開幕時の審査員会見で表明した「政治的意図はない。人間の知的、感情的な人生の送り方など、そういったことに共通する“人間味の要素”を見ていく」との審査の方向性を貫いたと言える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >