2017/11/08 11:05

米ディズニー、21世紀フォックス買収交渉報じられる

21世紀フォックスの映画部門 20世紀フォックスも買収対象に 写真:ロイター/アフロ
21世紀フォックスの映画部門 20世紀フォックスも買収対象に 写真:ロイター/アフロ

 [映画.com ニュース] 米メディア王手ウォルト・ディズニー社が、競合企業21世紀フォックスの大半の事業を買収する交渉を行っていたと、米経済チャンネルCNBCが11月6日(現地時間)に報じた。

 買収が検討されたのは、映画のやテレビ制作を手がける20世紀フォックス、FXやナショナルジオグラフィックといったケーブル放送事業、海外の放送事業など。フォックス側に全米4大放送局のひとつであるFOX放送の売却の意思はないという。CNBCによれば、両社はここ数週間にわたり交渉を行っていたようだが、報道時点では合意に至っていないとのこと。しかし、協議再開の可能性はあるようだ。

 メディア王ルパート・マードック氏率いる21世紀フォックスの狙いは、FOXニュースやFOXスポーツなど強みのある放送事業に特化し、競争力を高めることにあるとみられる。一方のディズニーは、2019年に自社の動画配信ストリーミングサービスのローンチを計画しており、コンテンツの充実を図ることが目的とみられている。

 背景には、この数年でFacebook、Google、Amazon、Netflixなどのプラットフォームの台頭により、番組や動画コンテンツの視聴スタイルが大きく変化したことがある。メディアの勢力図が変化している中で、フォックスとディズニーは正反対の方向に舵を切ったといえる。両社とも声明等は発表していないが、株価にはすでに影響が表れているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >