2017/11/08 20:08

菅田将暉“芸人役”は「難しいなんてもんじゃない」 桐谷健太は∞ホールでガチ漫才

映画版「火花」の完成披露試写会に出席した 菅田将暉と桐谷健太
映画版「火花」の完成披露試写会に出席した 菅田将暉と桐谷健太

 [映画.com ニュース] お笑いコンビ「ピース」又吉直樹による第153回芥川賞受賞小説を映画化した「火花」の完成披露試写会が11月8日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、ダブル主演の菅田将暉と桐谷健太、共演の木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、メガホンをとった板尾創路監督が舞台挨拶に出席した。

 漫才の世界で結果を出せずくすぶる徳永(菅田)と、強い信念を持つ神谷(桐谷)が出会い、自らの才能に葛藤しながらも歩み続けた10年間の軌跡を描く。菅田は、芸人役へのアプローチを問われると「難しいなんてもんじゃないですよ」と振り返り、「ただ、板尾さんがOKを出してくれる、という安心感。そして(同級生の相方役)修士さんがツッコんでくれたら必ず笑いが起きると信じていました」と全幅の信頼をにじせる。そんな姿に、板尾監督は「菅田くんが生まれた年に、2丁拳銃はデビューしている(現在菅田は24歳、川谷は43歳)」と年齢の差を説明したうえで、「でもコンビに見えるでしょ。それは菅田くんがものすごく修士に上から行くからで、菅田くんのある意味礼儀正しさなんです。同級生という役柄に持っていくためであり、彼の方からやっていくというのは、俳優として素晴らしい」と称賛の言葉を並べ立てていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >