2017/11/10 07:00

岡村靖幸「わたしは、幸福(フェリシテ)」劇場用マナーCMでナレーション初挑戦!

(C)ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017
(C)ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

 [映画.com ニュース]シンガーソングライター・岡村靖幸が、第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)を獲得した「わたしは、幸福(フェリシテ)」の劇場用マナーCMで、自身初となるナレーションに挑戦していることがわかった。

 映画は、コンゴ・キンシャサを舞台に、“幸福(フェリシテ)”という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきたひとりの女性を通し、アフリカのリアルと愛を描き出す。バーで歌いながらひとり息子を育てるシングルマザーのフェリシテは、息子が交通事故に遭ったことに絶望し、歌うことさえできなくなってしまう。メガホンをとったのは、セネガル系フランス人監督のアラン・ゴミス。

 岡村が起用された理由は、“幸福”のつながり。岡村が16年にリリースしたオリジナルアルバムのタイトル「幸福」、そしてフランス語で幸福を意味する本作の主人公の名前が合致したことがきっかけだ。作品を気に入り、オファーを快諾した岡村は「アフリカの匂い、踊り、湿度、不思議なストリングスやバンド、あやしい音楽。そのバンドで歌っている彼女の名前は幸福。幸福はまだあなたを知らないし、あなたはまだ幸福をしらない。この映画で是非」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン