2017/11/10 10:00

「南瓜とマヨネーズ」冨永昌敬監督×太賀が紡いだ原作者・魚喃キリコへのアンサー

自身の役どころに共感した太賀
自身の役どころに共感した太賀

 [映画.com ニュース]ありふれた日常が続くこと、それは奇跡だ――漫画家・魚喃キリコ氏の代表作「南瓜とマヨネーズ」で描かれる女1人と男2人の恋模様は“穏やかな波乱”を巻き起こしながら“爽快な敗北”へと続いていく。原作漫画への情熱を実写化という形で昇華させた鬼才・冨永昌敬監督、主演・臼田あさ美とともに終わりかけの愛を紡いだ太賀は、魚喃氏が創出した唯一無二の物語に、映画ならではのアンサーを示してみせた。(取材・文/編集部)

 本作は、臼田が「桜並木の満開の下に」以来5年ぶりに主演を務めたラブストーリー。ツチダ(臼田)は、キャバクラで働き、ミュージシャンの恋人・せいいち(太賀)の生活を支えていた。しかし、スランプに陥り、無職で毎日だらだらと過ごしていたせいいちは、ツチダが客と愛人関係を結んだことを知ると心を入れ替え働き始める。そんななか、ツチダは忘れられない女好きの元カレ・ハギオ(オダギリジョー)と偶然再会し、2つの恋の間で揺れ動くことになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >