2017/11/10 14:00

井浦新、瑛太を好きすぎて演技中にキス寸前?「愛してやまない人」

念願の共演に笑顔
念願の共演に笑顔

 [映画.com ニュース] 井浦新と瑛太の共演で人気作家・三浦しをん氏の小説を映画化した「光(大森立嗣監督)」のプレミアが11月9日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われ、大森監督、井浦、瑛太に加えて長谷川京子、橋本マナミが顔をそろえた。

 東京の離島・美浜島に住む中学生・信之は、交際中の同級生・美花を守るために殺人を犯してしまう。その翌日、島を大災害が襲い、信之、美花、幼なじみの輔と数人の大人だけが生き残る。25年後、妻子と共に暮らす信之(井浦)の前に輔(瑛太)が現れ、過去に犯した事件の秘密を握っていることをほのめかす。長谷川は大人になった美花、橋本は信之の妻・南海子をそれぞれ演じる。

 かねて瑛太との共演を熱望し、大森監督に直訴していたという井浦は、瑛太を「愛してやまない人でした」と断言。「(共演が実現して)とにかくうれしかったです。大森監督に、『瑛太くんと、撮影が終わったときにどちらが両足で立ってられるのかわからないような、お互いに削りあうような作品に出たい』と直訴してしまったので、とんでもないことをお願いしちゃったなとも思いましたね。でも、台本をいただいて撮影まではワクワクしていたし、撮影が始まってからも、今日は2人で何ができるんだろうなとワクワクしながら現場に行ってました」とほほ笑んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >