2017/11/10 16:00

カン・ドンウォン、首にガラスが刺さっても撮影続行!「MASTER」で極限アクションを披露

日本とゆかりのある作品も多数控える
日本とゆかりのある作品も多数控える

 [映画.com ニュース] 韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件を描いたクライムアクション「MASTER マスター」(公開中)で、正義に燃えるエリート捜査官を演じたカン・ドンウォンが来日し、全身全霊をかけたアクションシーンの舞台裏を語った。

 ヒット作「監視者たち」を手がけたチョ・ウィソクがメガホンをとり、巧みな話術と綿密な計画で民衆から金を巻き上げる投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)と韓国警察の知能犯罪捜査班のし烈な頭脳戦を描く本作。「群盗」「華麗なるリベンジ」で知られるカンが、警察の知能犯罪捜査班のリーダー、キム・ジェミョンに扮するほか、「チング 永遠の絆」「二十歳」で知られるキム・ウビンが、イ演じるチン会長の部下で、キム捜査官と手を組む天才ハッカー、パク・ジャングン役で出演する。

 俳優としてだけでなく、ユニクロの広告塔も務め、1月には日本でもファンクラブが設立されるなど端正なルックスと長身のスタイルで人気を博すカン。しかし本作では、商売道具ともいえる顔に大けがを負ってもカットがかかるまで撮影を続行したというから恐れ入る。「(けがをしたのは)車が2台走っていて、向かい側の車が銃を撃って、窓ガラスが割れるというシーンでした。最初のテイクはすごくうまくいったんですが、監督に『顔がよく見えていなかったから、もう1回撮る』と言われて。僕としては顔が見えなきゃいけないと思ったので、(撮り直しの際は)向こうに顔が見えるようにしていたら、『バンッ!』って音がして、急にガラスの塊が飛んできたんですよ。それで破片が顔に刺さってしまった。でも、まだ撮影中だったので僕は運転を続けて、ようやくアクションが終わって車を停めて、車の中の鏡もすでに割れていたので、車を出てショーウィンドウを見たら血がダラダラ流れていて、ガラスが首に刺さっていたんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >