2017/11/10 16:00

「ゲット・アウト」はなぜヒットした?ジェイソン・ブラムが独自性を解説

ヒット作の製作を次々と手がける (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
ヒット作の製作を次々と手がける (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] 「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや「ザ・ギフト」「スプリット」を手がける敏腕プロデューサー、ジェイソン・ブラムが、製作を務めたスマッシュヒット作「ゲット・アウト」(公開中)について語るインタビュー映像が、公開された。

 全世界興行収入2億5300万ドル超、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では99%(11月8日時点)を記録したスリラー。白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招待された黒人の写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)が、次々と奇妙な出来事に遭遇し、恐怖に絡めとられていく姿を描く。

 本作の最大のサプライズといえば、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のひとりであるジョーダン・ピールが監督デビューながら、卓越した演出力を見せ付けたことだろう。ブラムは「映画で扱う笑いとホラーは、タイミングが重要だ。彼はコメディ出身だが、ホラーを愛している。ホラーとコメディには通じるものがある。だから、両方を扱うと言う彼に安心して任せたよ」と全幅の信頼を寄せる。

 本作では、人種差別的な問題を物語の大きな仕掛けとして扱っているが、ブラムは「人種差別的な言動は、誰もが無意識にやりがちだ。この映画は、そこを浮き彫りにした。僕がこの作品を気に入ったのはその点だ。人種と差別をテーマの1つにしたところさ。差別に光を当てた点は素晴らしい」と本作の独自性を強調している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >