2017/11/10 18:00

近代彫刻の父、ロダンの半生を映画化 J・ドワイヨン「造形ではなく、人間の魂に美を見出していた」

(C)Les Films du Lendemain / Shanna Besson
(C)Les Films du Lendemain / Shanna Besson

 [映画.com ニュース]「地獄の門」「考える人」などの作品で知られる19世紀フランスの彫刻家オーギュスト・ロダンの没後100年を記念して製作された伝記映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」が11月11日公開する。1880年、パリ。40歳のロダンはようやく国から作品制作を依頼されるようになり、後の代表作となる「地獄の門」に着手する。60代までの生き様を追い、近代彫刻の幕開けと言われる「バルザック像」の制作過程、弟子であり、愛人となった女性彫刻家カミーユ・クローデルとの出会いと愛憎、内妻ローズとの関係など私生活での苦悩も描く。来日したジャック・ドワイヨン監督が作品を語った。

――実在の人物、芸術家を描いた作品は初めてですね。

 「私は彼の作品に感動し、人間性にも興味を持ったのです。彼は、美術界のヒーローではなかった。比較的に普通の人なのに、あれほどのイマジネーションとファンタジーを持つことができた。それまでの彫刻が陥っていたアカデミズムから抜け出し、彫刻を未来へと導いていった人物です。特に興味深いのは庶民階級の出身だということ。当時のフランスでは、彫刻家にはなれません。よいところで、室内装飾に使うような彫刻、アシスタント程度の仕事しかできなかったでしょう。教育も受けておらず、美術学校の入学試験では3度も不合格になっています。それなのに、最大の彫刻家に上り詰めた。そして、若いときに、貧困、悲惨な体験もしている。その点に興味を惹かれました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >