2017/11/10 19:00

吉沢悠「エキストランド」製作陣と生み出した映画業界への痛烈なメッセージ

取材に応じた吉沢悠、坂下雄一郎監督(右)、 田中雄之プロデューサー(左)
取材に応じた吉沢悠、坂下雄一郎監督(右)、 田中雄之プロデューサー(左)

 [映画.com ニュース] 「映画はみんなを笑顔にしてくれる、そう思っていますか?」という痛烈なキャッチコピーに対し、すぐさま「その通り」と答えられるだろうか。「神奈川芸術大学映像学科研究室」「東京ウィンドオーケストラ」の新鋭・坂下雄一郎監督が、主演・吉沢悠、プロデューサー・田中雄之氏と撮り上げた「エキストランド」によって投げかけるこのメッセージは、映画産業に携わる人々が最も聞きたくなかった問いかけなのかもしれない。(取材・文/編集部)

 本作の企画がスタートしたのは、田中氏が撮影場所の誘致や支援を行う機関「フィルムコミッション」に興味を抱いたことがきっかけ。「お金ももらっていないのに、誰よりも頑張ってくれる。この人たちのモチベーションは一体どこからくるのだろうか?」と考えた田中氏は、約2年半の歳月をかけて全国13の「フィルムコミッション」に取材を敢行。その後、東京藝術大学大学院映像研究科の同期でもある坂下監督とともに、かつてタッグを組んだオムニバス映画「らくごえいが」の1編「猿後家はつらいよ」の要素を織り交ぜながら、脚本を練り上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >