2017/11/11 07:00

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」に日本映画の底力感じた!

観客からの質問に真剣に回答
観客からの質問に真剣に回答

 [映画.com ニュース] 沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」(公開中)のヒット記念イベントが11月10日、東京・新宿バルト9で開催され、蒼井優と白石和彌監督が観客からの質問に答えた。

 金も地位もない15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂桃李)と関係を持ってしまう。ある日、黒崎が行方不明であることを告げられた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱く。

 本作で蒼井は、激しいラブシーンにも挑戦している。「30代近くなってからこういうシーンをやらせていただくことも増えてきましたね」と語る蒼井は、「10代後半や20代前半にやっていた役って多面的で面白かったなと思うことがあるんですが、今は30歳を超えてからいただく役の方が面白い。10代のときは多面的ながらも、それぞれの面がまっすぐだったんです。今は1つひとつの面がぼこぼこで、余計人間臭くて面白い。だから、そういうシーンがあるからうーん……ということはないですね」と真剣なまなざしで語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >