2017/11/12 05:00

エドモンド・ヨウ監督が伝えたかった、マレーシアの底辺にいる人々の声

エドモンド・ヨウ監督と ダフネ・ロー
エドモンド・ヨウ監督と ダフネ・ロー

 [映画.com ニュース] 台湾留学のための資金を盗まれたフイリンは、稼げる仕事にありつこうとして、流入するロヒンギャ難民を人身売買する闇ビジネスに手を染めてしまう。簡単に海外暮らしを夢見るマレーシアの若者と、命からがら海上を逃げてくる難民たちを合わせ鏡にして、それぞれの行く末を暗示的に描いた作品。エドモンド・ヨウ監督は本作で第30回映画祭最優秀監督賞を受賞したが、これは受賞発表の前夜になされた取材であり、ふたりの顔には好評だった上映の余韻が残っていた。

――監督は本作のほかに、「ヤスミンさん」(CROSSCUT ASIA#04「ネクスト!東南アジア」)も選出されましたね。

 エドモンド・ヨウ監督(以下、ヨウ監督): 2作品を上映いただいて光栄です。東京国際映画祭には学生時代に短編を2本出品しています。また3年前には「破裂するドリアンの河の記憶」(14)がコンペに選出されました。今回は「アケラット」が同じコンペ部門に選ばれて、この映画祭にひとかたならないご縁を感じています。参加するたびにわが家に帰ってきた気持ちになります。第30回ということでお祝いの気持ちもあり、昔なじみの友人に会ったり、新しい出逢いにも恵まれて、参加できてよかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >