2017/11/13 11:00

ユニバーサル「ダーク・ユニバース」が存続の危機 プロデューサーが離脱

プロデューサーが離脱…… (C)Universal Pictures
プロデューサーが離脱…… (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが始動した「ダーク・ユニバース」に、暗雲が立ち込めている。

 「マーベル・シネマティック・ユニバース」に対抗しユニバーサルが立ち上げた「ダーク・ユニバース」は、往年のモンスター映画を連続リブートするフランチャイズ。第1弾として、1933年のホラー映画「ミイラ再生」をトム・クルーズ&ラッセル・クロウ共演でリブートした「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」が今夏公開されたが、同作は批評面・興収面ともに期待を大きく下回った。これが「ダーク・ユニバース」の存続に大きな影を落としたようだ。

 米ハリウッド・レポーターによれば、「ダーク・ユニバース」の中核を担う、「ザ・マミー」監督・プロデューサーのアレックス・カーツマンと、「ワイルド・スピード」シリーズ製作総指揮・脚本家のクリス・モーガンが、フランチャイズから離脱。今後予定されている、ハビエル・バルデム主演のリブート版「フランケンシュタインの花嫁」、ジョニー・デップ主演のリブート版「透明人間」のほか、リブート版「狼男」など、すべての製作がストップしているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >