2017/11/13 14:30

ネタバレ必至!ハリソン・フォード「ブレードランナー 2049」の重要シーンを解説

前作との違いについても語る
前作との違いについても語る

 [映画.com ニュース] 「ブレードランナー」の30年後を描く新作「ブレードランナー 2049」(公開中)の出演者ハリソン・フォードのインタビュー映像が、公開された。

 2049年の近未来を舞台に、人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”のK(ライアン・ゴズリング)と前作の主人公デッカード(フォード)が、謎めいた科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に迫っていくさまを描く。「メッセージ」「ボーダーライン(2015)」で知られるドゥニ・ビルヌーブ監督がメガホンをとり、世界46カ国で初登場第1位を記録している。

 フォードは、前作とのリンクについて「エドワード・ジェームズ・オルモスが、前作と同じガフ役で出演している。それ以外は、私が唯一の前作からの生存者(サバイバー)かな。俳優ではね」と意味深に語る。というのも、本作では前作のヒロイン、レイチェルがCGで“復活”を果たしているから。前作でレイチェルを演じたショーン・ヤングが撮影に協力し、2分間のシーンに1年を費やしたという本作の大きな見せ場の1つとなっている。フォードは、「レイチェルと会うシーンは、とても興味深くて実に複雑な感情が描かれているんだ。彼(デッカード)は、今までに目にしたことも想像したこともないものを見る。レイチェル本人ではないとわかってはいるが、かつての感情にとらわれる。彼女に対して抱いていた感情だ。記憶が彼を感情的にするんだ」とシーンを解説するとともに、デッカードの心情を説明。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >