2017/11/14 05:00

大谷亮平「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に参戦!公開は18年初夏に

降板した小出恵介の代役として出演 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだ ふりをしています。」製作委員会
降板した小出恵介の代役として出演 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだ ふりをしています。」製作委員会

 [映画.com ニュース] 俳優の大谷亮平が、榮倉奈々と安田顕が夫婦役でダブル主演する映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」に出演することがわかった。出演を予定していた小出恵介の降板を受けて、代役として参加することになり、安田扮するサラリーマンのじゅんの後輩・佐野役を引き継ぐことになった。

 映画は、2010年にハンドルネームK.Kajunsky氏がYahoo!知恵袋に投稿した妻の“奇行”についての質問をもとにしたラブコメディ。仕事から帰宅したサラリーマンのじゅん(安田)は、玄関で妻のちえ(榮倉)が口から血を流して倒れているのを発見する。慌てて介抱するが、血はケチャップでできており、ちえは死んだふりをしていただけ。理由を明かさないまま、ワニに食べられていたり、銃で撃たれていたり、頭に矢が刺さっていたりと、毎日のように死んだふりを続ける妻に呆れるじゅんだったが、徐々に不安を覚え始める。「神様はバリにいる」の李闘士男監督がメガホンをとった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >