2017/11/14 06:00

西野七瀬「電影少女」で“ビデオガール”に!人生初のショートカットに挑戦

原作キャラに合わせて髪をカット! (C)桂正和/集英社
原作キャラに合わせて髪をカット! (C)桂正和/集英社

 [映画.com ニュース] 「乃木坂46」の西野七瀬が、漫画家・桂正和氏の人気作「電影少女」を新たな設定でドラマ化する「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」に出演することが決定。すでに発表済みの主人公を演じる野村周平とともに、ダブル主演を飾ることになった。

 1989~92年に連載された「電影少女」は、不思議なレンタルビデオ店「GOKURAKU」で貸し出される特殊なビデオテープから実体として現れる少女“ビデオガール”と、彼女たちの助けを必要とする純朴な少年を中心とした物語が人気を博し、累計発行部数1400万部を突破したSF恋愛漫画。ドラマ版は、心優しい高校生・弄内洋太(もてうち・ようた)を主人公とした原作の「あい編」から25年後を描くストーリーが展開し、家庭も学校もうまくいかない洋平の甥・翔(野村)が、突如目の前に現れた“ビデオガール”と3カ月間の奇妙な共同生活を送る。

 西野が演じるのは、90年代に封印され、25年ぶりに現実世界へ飛び出してきた“ビデオガール”天野アイ。「今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です」と胸中を吐露すると「まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします」と役どころを説明。そして「大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデューサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。一生懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります」と意気込みを明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >