2017/11/15 07:00

ウイスキーを愛する島民と、父娘の愛の物語「ウイスキーと2人の花嫁」公開

「ウイスキーと2人の花嫁」ポスター (C) WhiskyGaloreMovieLimited2016
「ウイスキーと2人の花嫁」ポスター (C) WhiskyGaloreMovieLimited2016

 [映画.com ニュース]第2次大戦中にスコットランドで起きた実際の事件をベースに描いた映画「ウイスキーと2人の花嫁」が2018年2月17日に公開することが決定、バグパイプの演奏にあわせ、スコットランドの美しい風景が広がる予告編がお披露目された。

 「グッバイ・モロッコ」のギリーズ・マッキノン監督が、コンプトン・マッケンジーの原作を基にウイスキーを愛する島民たちと、父と娘の普遍的な愛の物語を描いた物語。

 戦況悪化の為、ウイスキーの配給が停止し無気力に陥ったトディー島島民たち。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しでの結婚式は無理」と猛反対される。そんな時、ニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた。島民たちは禁制品のウイスキーを秘かに“救出”しようとする。

 現代日本でのウイスキー研究者の第一人者であり、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で監修を務めたウイスキー評論家の土屋守氏は「映画を観ていてこれほどウイスキーが飲みたいと思ったことはない。“命の水”に乾杯!」と絶賛している。

 「ウイスキーと2人の花嫁」は、2月17日ヒューマントラストシネマ有楽町・新宿武蔵野館ほか全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >