2017/11/17 12:00

ユースケ・サンタマリア、織田裕二を“追い抜く”部下に!「踊る」青島&真下を彷彿

「踊る」青島&真下を彷彿させる役に挑戦
「踊る」青島&真下を彷彿させる役に挑戦

 [映画.com ニュース]織田裕二が主演する「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の追加キャストが発表され、ユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、西田尚美、宇梶剛士、光石研ら16人の出演が明らかになった。織田は、「ユースケと『踊る大捜査線』の青島と真下という役以外で一緒にやるのは『ロケットボーイ』以来なので、 久しぶりです」とコメントを寄せている。

 原作・周良貨氏、作画・能田茂氏による経済漫画を、連続ドラマW「沈まぬ太陽」「アキラとあきら」の権野元監督がドラマ化。バブル経済が崩壊し、大規模な金融制度改革“金融ビックバン”に直面した銀行業界を舞台に、おおぞら銀行の監査役に就任した野崎修平(織田)が、銀行が抱える“究極の闇”に立ち向かう姿を描く。

 追加キャストはユースケ、瀧本、駿河、西田、宇梶、光石をはじめ、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕の16人。ユースケが演じるのは、野崎の元部下・阿部龍平。阿部は出世した結果、先輩である野崎の上司になるため、ユースケは2人の関係性を「『踊る大捜査線』シリーズとはまったく違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄なんですよね」と織田との共演作に例えて説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >