2017/11/17 14:00

佐田正樹「デメキン」主演・健太郎の気迫を激賞! インタビュー映像先行入手

長編映画初主演を飾った健太郎 (C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー /ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画「デメキン」製作委員会
長編映画初主演を飾った健太郎 (C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー /ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (C)2017 映画「デメキン」製作委員会

 [映画.com ニュース] お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が、自身の実話を題材にした映画「デメキン」の魅力を語るインタビュー映像を、映画.comが先行入手した。本作で印象に残ったシーンの撮影を述懐し、長編映画初主演を飾った若手俳優・健太郎の才能を絶賛している。

 本作は、佐田の不良時代の逸話を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。2009年に佐田が執筆した原作小説が発表されると、10年には「ヤングチャンピオン」で漫画版の連載がスタート。コミックは、シリーズ累計発行部数180万部を突破している。物語は、周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。

 「話がきたときはニヤニヤが止まらなかった。動き出すまで1年半ぐらいかかりましたが、いざ撮るとなるとワクワクドキドキしました。自分の話が映画になるということが信じられない」と映画化決定の一報を受けた際の心境を吐露した佐田。また、自身の“分身”であるキャラクター・正樹を演じた健太郎の気迫が忘れられないようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >