2017/11/18 15:30

「GODZILLA 怪獣惑星」宮野真守&花澤香菜、G・エドワーズ監督からの称賛に驚き

 [映画.com ニュース]特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」を初めてアニメ映画化した3部作の第1章「GODZILLA 怪獣惑星」の公開記念舞台挨拶が11月18日、東京・TOHOシネマズで行われ、声優キャストの宮野真守、花澤香菜、共同監督を務めた静野孔文と瀬下寛之、ストーリー原案・脚本の虚淵玄が出席した。

 11月17日に全国159館で封切られた本作は、究極生物ゴジラと人類の因縁の対決を描く。2048年、巨大生物・怪獣やゴジラとの戦いに敗れた人類は、地球脱出計画を始動さ。中央政府管理下の人工知能で選ばれた人々は移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存可能な環境ではなく、移住を断念。だが帰還した地球は、既に2万年の時が経過しており、ゴジラを頂点とした生態系が支配する“怪獣惑星”と化していた。花澤は瀬下監督らをチラリと見て「(舞台挨拶前に)かっこいいおじ様たちがワクワクされていました(笑)」とほほ笑むと、1年半前に本作の企画を聞かされた時には「宇宙規模で描くゴジラがすごい楽しみでした。当時はゴジラに自分が関わっているという実感があまりなくて。今ようやく実感が湧いてきました」と胸中を吐露していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >