2017/11/19 13:09

「第18回東京フィルメックス」シルビア・チャン監督作「相愛相親」で開幕!

 [映画.com ニュース]アジアを中心とした注目の作品を多数上映する国際映画祭「第18回東京フィルメックス」が11月19日、TOHOシネマズ日劇1で開幕。オープニング作品としてシルビア・チャン監督の『相愛相親(そうあいそうしん)』が上映された。

 同映画祭の今年のオープニング作品は、「過ぎゆく時の中で」「恋人たちの食卓」など数多くの香港映画、台湾映画に出演してきた大女優シルビア・チャンが監督・主演を務めたドラマ。釜山映画祭でもクロージング作品として上映され、大きな話題を集めた作品だ。母の死をきっかけに、娘のホェイイン(チャン)は、田舎にある父の墓を移そうとするが、父の最初の妻ナナが抵抗。そこから大きな波紋が巻き起こるさまを描き出す。

 2015年の第16回フィルメックスではコンペティション部門の審査員を務めたこともあるチャン監督は、「東京フィルメックスに戻ってこられてうれしいです。テレビやiPadやiPhoneではなく、こんな大画面で映画を見ていただけるなんて」と感激した様子。「今回は大変にシンプルなストーリーです。もともとのストーリーがシンプルなだけに、なぜ映画を撮っているのかと自分に問いかける機会となりました。楽しんで撮ったので、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたいですね」と会場に呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >