2017/11/20 11:00

ディズニー実写版「ピノキオ」からサム・メンデス監督離脱

サム・メンデス監督 写真:Photoshot/アフロ
サム・メンデス監督 写真:Photoshot/アフロ

 [映画.com ニュース]「007 スカイフォール」「007 スペクター」のサム・メンデス監督が、米ウォルト・ディズニー・スタジオが準備中の実写映画版「ピノキオ」から離脱したことが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 同作は1940年公開のディズニーアニメ「ピノキオ」を実写映画化する企画で、「シンデレラ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」のクリス・ワイツが脚本を執筆している。メンデス監督は同企画に今春から参加し、自身の製作会社Depth of Fieldを通じてプロデュースを行う予定だったが、すでに同企画にはかかわっていないという。

 実は、メンデス監督は米ウォルト・ディズニーが準備を進める実写映画版「ジャイアント・ピーチ」からも降板しているため、米ウォルト・ディズニー・スタジオが進める実写映画企画を降りるのは2度目になる。なお、エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」が世界興収10億ドルを超えるヒットを記録したいま、米ウォルト・ディズニー・スタジオはますます過去のアニメ映画の実写映画化を進めており、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督による「ライオンキング」と、ティム・バートン監督による「ダンボ」、ガイ・リッチー監督による「アラジン」が2019年に公開される予定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >