2017/11/20 12:00

山田涼介、「鋼の錬金術師」4DXを監修!こだわったのは“あのキャラ”の名シーン

曽利文彦監督も監修に参加 (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
曽利文彦監督も監修に参加 (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

 [映画.com ニュース]「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が、荒川弘氏の人気コミックを実写映画化した主演作「鋼の錬金術師」の4DXを監修していたことがわかった。

 「ピンポン」の曽利文彦監督が手がけ、山田に加えて本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、國村隼、夏菜、大泉洋、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子らが結集。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、失った母を生き返らせるため人体錬成の禁忌を犯したエド(山田)&アル(水石亜飛夢)兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求め旅する姿を描く。既に世界190カ国以上での公開が決定している。

 4DXとは座席が動く、水や風が吹き出すなど10以上の演出が楽しめる体感型上映システム。「五感をすべてくすぐってくれる」と4DXの魅力について語る山田は、ディーン演じるマスタング大佐の“火炎錬成”のシーンに着目。「焦げた香りで嗅覚(きゅうかく)をくすぐるのがいいのかなと思って、そこは言わせていただきました」と明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >