2017/11/21 20:35

健太郎、山田裕貴と絶妙なコンビ芸披露「お前どこ中じゃ!?」「舞台挨拶中じゃ!」

丁々発止のやり取りに会場は大盛り上がり
丁々発止のやり取りに会場は大盛り上がり

 [映画.com ニュース] 若手俳優・健太郎が長編映画初主演を飾った「デメキン」の完成披露上映会が11月21日、東京・シネマート新宿で行われ、健太郎をはじめ、共演の山田裕貴、柳俊太郎、原作者の佐田正樹(バッドボーイズ)、メガホンをとった山口義高監督、主題歌「一秒のあいだ」を書き下ろしたロックバンド「LEGO BIG MORL」のカナタタケヒロとタナカヒロキが舞台挨拶に出席した。

 佐田の不良時代の逸話を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。佐田の仕草や歩き方、喋り方まで徹底的に研究して芝居に臨んだ健太郎。佐田はお笑い芸人を招いた試写会の思い出を振り返り「時々、健太郎が僕に見えたという意見も。この映画は事実を描いているんですけど、主役が男前という部分だけはフィクションでお届けしています(笑)」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >