2017/11/22 11:10

ジェニファー・アニストン&リース・ウィザースプーンの新ドラマをアップルが獲得

ジェニファー・アニストン&リース・ウィザースプーン Photo by Steve Granitz/WireImage
ジェニファー・アニストン&リース・ウィザースプーン Photo by Steve Granitz/WireImage

 [映画.com ニュース] 米アップルが、ジェニファー・アニストン&リース・ウィザースプーンが主演する注目の新ドラマの配信権を獲得した。米ハリウッド・レポーターによれば、アップルはすでに2シーズン・計20話の制作にゴーサインを出したという。

 タイトル未定の本作は、朝の情報番組を舞台に、アニストンとウィザースプーンがニューヨークのメディア界で生きる女性を演じるようだ。原案は米HBOドラマ部門元トップのマイケル・エレンバーグによるもので、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のジェイ・カーソンが脚本を執筆。エレンバーグが新たに設立したプロダクション、メディア・レスが制作し、スティーブ・クローブス、ウィザースプーン、アニストンが制作総指揮に名を連ねる。

 ウィザースプーンはドラマ「フレンズ」シーズン6に、アニストン演じるレイチェルの妹役でゲスト出演したことがあり、2人は長年の友人だ。新作は、アニストンにとって「フレンズ」以来、久々に主演するテレビドラマ復帰作。ウィザースプーンもHBOのドラマ「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」を大成功させていることから、今年7月に企画が明らかになると、脚本も完成していない段階ながら、2大女優の共演作として米ケーブル局やストリーミングサービスが争奪戦を繰り広げていた。

 アップルが、パイロット版の制作を飛ばして即シリーズ化の決定を下すのは、スティーブン・スピルバーグ制作総指揮のリブート版「世にも不思議なアメージング・ストーリー」に続いて、本作が2作目となる。なお、どちらの作品もまだ配信開始日は発表されていない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >