2017/11/22 12:30

マーク・ウェブ監督が語る、温かな「普通の幸せ」の重要さ

マーク・ウェブ監督
マーク・ウェブ監督

 [映画.com ニュース] 冴えない青年の恋模様を綴った「(500)日のサマー」で一躍注目を集め、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズを手がけたマーク・ウェブ監督が、「キャプテン・アメリカ」のクリス・エバンスを主演に「gifted ギフテッド」のメガホンをとった。ザ・アメコミなコンビだが、描いたのは普通の幸せの重要さ。小さな町を舞台にした今作を、「“温かさ”を核に製作した」というウェブ監督に話を聞いた。(取材・文・写真/編集部)

 映画は、生まれて間もなく母親を亡くし、独身の叔父フランク(エバンス)に育てられた少女メアリーの特別な才能をめぐるハートウォーミング・ストーリー。7歳で生意気盛りのメアリーは、フランクと片目のネコのフレッドとともに、米フロリダの小さな町で幸せに暮らしていた。しかし、その非凡な数学の才能が明らかになったことで、穏やかな生活が揺らぎ始める。

 ウェブ監督は、「私たちは往々にして、日々のささやかな普通の幸せをあまりにも見逃しがちです。メアリーの存在が、その重要さを思い出させてくれるんだ」とほほ笑む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >