2017/11/23 12:00

菅田将暉&桐谷健太、笑いと向き合った「火花」は「ハッピーなメモリアル」

最低3回は大ヒット御礼舞台挨拶を!
最低3回は大ヒット御礼舞台挨拶を!

 [映画.com ニュース] 第153回芥川賞受賞小説を映画化した「火花」が11月23日、全国318スクリーンで公開初日を迎え、ダブル主演の菅田将暉と桐谷健太、共演の川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、メガホンをとった板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が東京・TOHOシネマズスカラ座での舞台挨拶に出席した。

 漫才の世界で結果を出せずくすぶる徳永(菅田)と、強い信念を持つ神谷(桐谷)が出会い、自らの才能に葛藤しながらも歩み続けた10年間の軌跡を描く。笑いと真摯に向き合った日々に思いを馳せ、菅田は「ハッピーな意味でも、メモリアルな日々だった。徳永という役で、忘れちゃいけない、忘れたくない時間を過ごせた」としみじみ。桐谷も「公開して嬉しいというのもあるし、こうして集まることもなかなかないんやと寂しさも感じるくらい、皆と仲良くなれた」と振り返ったが、「ハッピーなメモリアル……。今度、歌詞に使おうか?」といじり、菅田を「俺、そんなダサい言葉使った? 絶対売れへんから、やめたほうがいい」と苦笑させた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >