2017/11/24 12:00

「今夜、ロマンス劇場で」綾瀬はるか×坂口健太郎が築いた“抱きしめたい”関係性

足利東映プラザで撮影を敢行
足利東映プラザで撮影を敢行

 [映画.com ニュース] 綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演するラブストーリー「今夜、ロマンス劇場で」の撮影現場が5月下旬、報道陣に公開された。既に閉館している栃木の映画館・足利東映プラザを利用して行われた撮影は、“奇跡の出会い”を描く重要なシーンを中心に進行。初顔合わせで息の合った芝居を見せていた綾瀬と坂口をはじめ、メガホンをとった武内英樹監督、企画の稲葉直人氏が取材に応じた。

 大ヒット作「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の脚本家で、小説家の顔も持つ宇山佳佑がオリジナル脚本を手がけた本作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口)の前に、モノクロ映画の中のお姫様・美雪(綾瀬)が現れたことから始まるラブストーリー。「綾瀬さんのコメディエンヌとしての才能、人の心をつかむシリアスな芝居、その両方が見たかった」と企画の根幹を説明した稲葉氏は、本作が9年間も温め続けられてきた理由のひとつとして「ラブストーリーは、キャスティングが重要だと思っていて、健司にぴったりな方がずっと見つからなかったんです」と明かした。そして「『ヒロイン失格』に出演されていた坂口さんを見た時、奥底にピュアでヘタレな部分を感じて、これはきたなと思ったんです」とベストな配役を決定し、正式なオファーの前から綾瀬&坂口を想定して脚本があて書きされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >