2017/11/25 12:00

ケネス・ブラナー版「オリエント急行殺人事件」、ポアロの“新設定”が判明!

ストーリーにもアレンジを加えた (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation
ストーリーにもアレンジを加えた (C) 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 「マイティ・ソー」「シンデレラ」の監督を手がけたケネス・ブラナーが製作・監督・主演を務め、アガサ・クリスティの人気小説の再映画化に挑む「オリエント急行殺人事件」の主人公エルキュール・ポアロに、新設定が付け加えられていたことがわかった。

 トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪のラチェット(ジョニー・デップ)が殺害された事件に、名探偵ポアロ(ブラナー)が挑む。ブラナー、デップに加え、ジュディ・デンチ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、ジョシュ・ギャッド、ペネロペ・クルスといった豪華キャストが結集したほか、リドリー・スコットがプロデューサーに名を連ねている。世界興行収入は1億6000万ドルに迫り、続編として「ナイル殺人事件」の再映画化も進行中だ。

 スタントコーディネーターを務めたジェームス・オドーネルは、「ポアロをいかにして観客が不自然に感じない度合いでアクションに絡ませることについてしばらく考えたのだけれど、ケン(ケネス・ブラナー)と話した結果、“杖を操る合気道の達人”という設定を思いついたんだ」と明かす。「彼は犯罪を分析し、解釈する達人のみではなく、戦う際に関しても同様な技量を備えているという設定だ。拳で戦ったりはせず、頭脳派の戦法で相手を負かすという手段は彼のキャクターにもぴったりだったね」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >