2017/11/25 23:50

第18回東京フィルメックス最優秀作品はコンペ初出品のインドネシア映画2作に!

最優秀作品はインドネシア映画2作に
最優秀作品はインドネシア映画2作に

 [映画.com ニュース] 第18回東京フィルメックスの授賞式が11月25日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、インドネシアのモーリー・スリヤ監督がメガホンをとった「殺人者マルリナ」、同国出身のカミラ・アンディニ監督作「見えるもの、見えざるもの」が最優秀作品賞に輝いた。コンペティション部門初出品となったインドネシア映画が、いきなり戴冠するという異例の事態。また、特例として審査員特別賞を排し、2作が最優秀作品賞に選ばれるのは、同映画祭史上初のことだ。

 「殺人者マルリナ」は、インドネシアを代表する映画監督ガリン・ヌグロホの原案を基にして構築されたもの。第70回カンヌ映画祭監督週間でも上映され、西部劇を彷彿させる風景が見どころのひとつとなっている。タレンツ・トーキョーの修了生でもあるスリヤ監督は「7年前に参加した映画祭で、まさか受賞することになるとは思いもしませんでした」と感動しきり。さらに「カミラとともにこの場に立てることが光栄です。また、コンペティション部門に初めて出品されたインドネシア映画が、2本も受賞できたことを誇りに思っています」と喜びをかみしめていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >