2017/11/26 17:00

菅田将暉&桐谷健太、愛たっぷりに振り返る“芸人”として生きた日々

 [映画.com ニュース] 「空の声が聞きたくて~、風の声に耳すませ~」。桐谷健太を皮切りに、菅田将暉、板尾創路監督が代わる代わるマイクを握り、桐谷が浦島太郎名義で発表した「海の声」のイントロを絶叫した。時は3月12日、場所は静岡県熱海市の「熱海銀座」。又吉直樹の第153回芥川賞受賞作を映画化する「火花」撮影初日は、この3人の“熱唱”から始まった。(取材・文/編集部、写真/根田拓也)

 温泉地・熱海であっても、早春の深夜は冷え込みも激しく、彩り鮮やかな浴衣姿で出歩く酔狂な観光客の姿もない。だが、この日の熱海銀座は違った。夏祭りの設定のため季節外れの夏服に身を包んだ約300人のエキストラは、挨拶代わりのマイクパフォーマンスに瞳を輝かせ、その後の足取りが軽快になったことは想像に難くない。

 「あんな事されたら、深夜だって頑張るしかないじゃないですか!」。エキストラに参加した20代の女子大生の笑顔が、他の参加者の声を代弁している。桐谷は「あれしか出来ることがなかったとも言えるんですけどね。ただ、盛り上がってほしかったし。いやあ、懐かしいっすね」と朗らかな笑みを浮かべる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >