2017/11/27 13:30

「007」最新作の北米配給はMGM&アンナプルナで決定間近

ダニエル・クレイグの復帰は決定 SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
ダニエル・クレイグの復帰は決定 SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

 [映画.com ニュース] 「007」シリーズ最新作の北米配給を、MGMとアンナプルナ・ピクチャーズが共同で行うことになりそうだとDeadlineが報じた。

 「007 スペクター」をもってソニー・ピクチャーズが保有した配給権が切れて以来、同シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」の配給権の争奪戦が繰り広げられていた。さまざまなスタジオが名乗りをあげるなか、「007」シリーズの権利をEONと共同で保有する米制作会社のMGMは、オラクルのラリー・エリソンCEOの娘ミーガン・エリソン率いるアンナプルナ・ピクチャーズと、全米配給と共同制作の契約を締結。アンナプルナ・ピクチャーズは新興会社であるものの、かつて「007 ゴールデンアイ」や「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」などの北米配給をMGMで担当した経験のあるエリック・ローミスが所属している。なお、北米以外の配給権に関しては、ソニー、ワーナー、ユニバーサルが争奪戦を繰り広げているという。

 「ボンド25(仮題)」にダニエル・クレイグの復帰は決定しているものの、監督は決まっていない。ヤン・ドマンジュ監督(「ベルファスト71」)、ドゥニ・ビルヌーブ監督(「ブレードランナー2049」)、デビッド・マッケンジー監督(「最後の追跡」)が最終候補といわれている。

 「ボンド25(仮題)」の全米公開は、19年11月8日を予定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >