2017/11/27 16:30

「星めぐりの町」“父娘”小林稔侍&壇蜜、レッドカーペット初体験!

ビンテージカーに乗って登場
ビンテージカーに乗って登場

 [映画.com ニュース] 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2018年2月1日公開)が控える小林稔侍が、76歳にして映画初主演を果たした「星めぐりの町」の完成披露試写会が11月25日、オープン当日を迎えた愛知県・イオンシネマ豊田KiTARAで開催され、小林、壇蜜、荒井陽太、神戸浩、高島礼子、黒土三男監督が参加した。

 「蝉しぐれ」(2005)などで知られる黒土監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。

 キャストと監督はそれぞれ、いすゞベレット1600GT、トヨタスポーツ800、トヨタ2000GT、トヨタクラウンDX(デラックス)に乗って登場。レッドカーペットを初体験したという小林は「レッドカーペットを、新しい靴で歩きました。タキシード用の靴じゃないんですけども。長年の忸怩(じくじ)たる思いで歩きました。タキシードも初めて着ました。なんだかクラブのマスターみたいな感じですけれども。ホコリをかぶっていたタキシードも喜んでます。温かい皆さんのおかげで、こうして先行上映が行えました。ありがとうございます」と感無量の面持ち。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >