2017/11/28 23:40

片渕須直監督、アヌシー最優秀賞受賞作の日本公開に期待「どんどん応援しましょう」

クロード・バラス監督と片渕須直監督
クロード・バラス監督と片渕須直監督

 [映画.com ニュース] 世界最大のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭で、最優秀賞と観客賞に輝いたストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」を手がけたクロード・バラス監督が来日し11月28日、片渕須直監督とともに、東京・練馬の日本大学芸術学部で特別講義を行った。同校の講師を務める片渕監督は、2016年11月に公開された長編アニメ「この世界の片隅に」が、第90回アカデミー賞長編アニメーション部門の候補対象作に選出されたばかり。世界で高い評価を受けるアニメ監督のひとりとして、本作の魅力を力説しながら、「バラス監督の話を聞いて、いろんなものを受けとって欲しい」と学生たちに熱く呼びかけた。

 バラス監督の長編デビュー作となる本作は、不慮の事故で母親を亡くした9歳の少年ズッキーニが、新たに暮らすことになった孤児院で自分の居場所を見つけようと奮闘する姿を描く。アヌシー国際アニメーション映画祭最優秀賞をはじめ、第89回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされ、フランスのアカデミー賞といわれるセザール賞では最優秀長編アニメーション賞と最優秀脚色賞を受賞した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >