2017/11/30 13:30

古川雄輝「風の色」撮影で氷水の中に飛び込んだ!「俳優人生で1番過酷」

ヒロイン役の藤井武美は歓声にうれし泣き
ヒロイン役の藤井武美は歓声にうれし泣き

 [映画.com ニュース] 「曇天に笑う」(2018年3月21日公開)や「となりの怪物くん」(18年4月27日公開)など、話題作の出演作が相次ぐ古川雄輝が、「猟奇的な彼女」や「僕の彼女はサイボーグ」で知られるクァク・ジェヨン監督とタッグを組んだ「風の色」の完成披露試写会が11月29日、都内で行われた。古川とクァク監督、約1万人のオーディションから選ばれたヒロイン役の藤井武美が登壇し、ファンからの熱い歓声を浴びた。

 北海道・知床と東京を舞台に、同じ容姿の2組の男女が織りなすミステリータッチのラブストーリー。古川と藤井が1人2役を演じ、東京に暮らしていた涼(古川)が、100日前に姿を消した恋人ゆり(藤井)を探して北海道へ向かったところ、自分とそっくりのマジシャン隆(古川・2役)、さらにはゆりとうり二つの女性・亜矢(藤井・2役)と出会い、不思議な出来事に巻き込まれていくさまを描く。

 クァク監督は「企画を立ててから10年後にやっと完成しました。2人にお会いするために待っていたのではないかと思います。2人とも根性がすわっていて、頑張り屋。古川さんは難しい役どころだったかと思いますが、常に明るくやり遂げてくれました。この映画の大きなヒーローです。藤井さんは、大勢のスタッフに囲まれていても、演技に集中していて感情がぶれることがなかった。プロだなと思いました」と古川、藤井を絶賛。監督の激賞を受けた古川は「そういうことですね」と笑顔を浮かべ、「海外の作品に携わる機会が多いなか、日韓合作の作品で主演できてすごくうれしかった。僕も気合いが入った作品です」と力強く語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >