2017/11/30 13:30

J・C・ミッチェル監督が“パンク”なラブストーリーに込めた「解放と癒し」

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督

 [映画.com ニュース] カルト的な人気を誇る映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、刺激的にパンクアレンジされた“ボーイ・ミーツ・ガール”映画「パーティで女の子に話しかけるには」を完成させた。異星人の少女と人間の少年が繰り広げる、斬新でありながら普遍的な恋愛模様が、すべての観客を「異性が“異星人”に思えたあの頃」(原作者ニール・ゲイマン)へといざなう。(取材・文/編集部)

 映画は、英SF作家であるニール・ゲイマンの同名短編小説を原作に、ミッチェル監督とフィリッパ・ゴスレットが脚本を共同執筆。1977年の英ロンドンを舞台に、遠い惑星からやって来た美少女ザン(エル・ファニング)と、内気なパンク少年エン(アレックス・シャープ)の恋の逃避行を描いた。エンは、偶然潜りこんだパーティで、大好きなパンクミュージックやファッションの話に共感してくれるザンとたちまち恋に落ちる。そんな2人に許された自由時間は48時間。エンとザンは大人のルールに反発し、一緒にいるために危険で大胆な行動に出る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >