2017/12/01 07:00

有村架純、シングルマザーの鉄道運転士に!18年公開「RAILWAYS」新作で國村隼と共演

今作の舞台となる肥薩おれんじ鉄道
今作の舞台となる肥薩おれんじ鉄道

 [映画.com ニュース] 鉄道に関わる人々の人生をつづる「RAILWAYS」シリーズの新作「かぞくいろ」の製作が決定し、有村架純の主演で2018年に公開されることがわかった。有村が鉄道運転士を目指す女性・晶に扮し、國村隼が晶の義父・節夫を演じる。今作の舞台は、九州の肥薩おれんじ鉄道。「バースデーカード」「江ノ島プリズム」の吉田康弘監督がメガホンをとる。

 映画「RAILWAYS」は、地方のローカル線を舞台に、その地で生きる人々の人生、人と人とのつながりを描くシリーズ。10年5月に中井貴一主演の第1弾「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」、11年12月に三浦友和が主演を務めた第2弾「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」が公開された。

 第3弾となる今作は再出発をテーマに、家族と鉄道の物語を紡ぐ。主人公・晶は、夫の修平、その連れ子の駿也とともに幸せに暮らしていたが、突然、修平が他界。若くしてシングルマザーになった晶は、鹿児島で暮らす義父・節夫を訪ねたことを機に、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士になる。最愛の家族を失った3人が、それぞれの問題に直面しながらも、自分たちなりの“家族の形”を模索していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >