2017/12/01 18:00

人気漫画「ULTRAMAN」が3DCGアニメ化! 監督は神山健治&荒牧伸志の2人体制に

モーションキャプチャーを使用た3DCGアニメに
モーションキャプチャーを使用た3DCGアニメに

 [映画.com ニュース] 「月刊ヒーローズ」(ヒーローズ刊)で連載中の人気漫画「ULTRAMAN」のアニメ化制作発表会が12月1日、千葉・幕張メッセで開催中のポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション2017」(略称:東京コミコン2017)で行われ、共同でメガホンをとる神山健治監督と荒牧伸志監督が登壇した。

 累計発行部数260万部を突破した「ULTRAMAN」(原作:清水栄一、作画:下口智裕)は、円谷プロダクション制作の特撮番組「ウルトラマン」から数十年後を舞台にした作品。初代ウルトラマンであった早田進の息子・進次郎が強化スーツを身にまとって戦う“等身大ヒーロー”としてのウルトラマンの姿を描き出す。ビジュアル面は「誰も見たことのないウルトラマン」を目指し、フル3DCGアニメーションとして制作される。「『ウルトラマン』は僕が生まれた年に放送が始まっているくらいですから、本当に歴史のある作品。大好きな作品なので、自分が携わることになるとは思ってもいなかった」と驚きを隠せない神山監督。一方、荒牧監督は「毎週楽しみに見ていましたから、その流れを組むものを監督させていただくことは光栄ですし、肩に力が入ってしまいますね」と胸中を吐露していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >