2017/12/02 14:03

山田涼介「ハガレン」原作者から生原稿贈呈され感激!「これ以上ない幸せ、家宝です」

主要キャストが舞台挨拶に結集
主要キャストが舞台挨拶に結集

 [映画.com ニュース] 荒川弘氏の人気漫画を実写映画化した「鋼の錬金術師」の公開記念舞台挨拶が12月2日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の山田涼介をはじめ共演の本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、内山信二、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子、水石亜飛夢、メガホンをとった曽利文彦監督が出席した。

 世界累計発行部数7000万部を誇る同名漫画を映画化。1日から全国441スクリーンで公開されており、作品をけん引しつづけた山田は「撮影が終わったのが1年半くらい前。いよいよ公開となったかと、ドキドキワクワクしています」と万感の思いを口にする。ほとばしる情熱で今作を完成させた曽利監督は、満場の客席に「監督としては、映画館に人がいっぱいという光景、本当に泣きそう」と肩を震わせ、「原作の“命”をしっかり描いたつもりです。皆さんに届いていれば、非常に嬉しいです」と呼びかけた。

 ハクロ将軍役の小日向が「この作品の依頼が来た時、(自身の)息子たちの方が狂喜乱舞した」と語ると、ラスト役・松雪も「私も小日向さんと同じで、オファーが来て息子に相談したら『絶対にやって』と。息子を連れてスタジオ見学させてもらったり、山田くんにもご挨拶させてもらい、監督にもお世話になりました」とほほ笑む。「興行収入いかんで、続編の製作も……」と含みを持たせたエンヴィー役・本郷は「山田きゅん命。きれいな造形物としても好きで、お芝居を見てさらに好きになった。先月のジャパンプレミアの日、実は僕の誕生日でして。帰ろうとしたら実にスマートなタイミングで山田くんがプレゼントを渡してくれた。そこでキューン! さらに好きになりました」と猛烈ラブコールをおくり、山田を「奏多くんって、そんな感じだったっけ(笑)?」と困惑させていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >