2017/12/02 16:40

健太郎、山田裕貴と相思相愛カップル成立!?気合いの赤リーゼント&特攻服も披露

舞台挨拶を盛り上げた健太郎と山田裕貴
舞台挨拶を盛り上げた健太郎と山田裕貴

 [映画.com ニュース] 若手俳優・健太郎が長編映画初主演を飾った「デメキン」が12月2日、全国30スクリーンで公開初日を迎え、健太郎をはじめ共演の共演の山田裕貴、柳俊太郎、原作者の佐田正樹(バッドボーイズ)、メガホンをとった山口義高監督らが東京・シネマート新宿での舞台挨拶に出席した。

 佐田の自伝小説を映画化し、周囲から“デメキン”と呼ばれいじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長へと登りつめるさまを描く。キャスト陣は、気合いの特攻服姿で登場。健太郎は髪を赤く染め上げており、「無事初日を迎えられたことが、とにかくすごく嬉しい。今ここにいないキャストたちの気持ちも背負って、頑張っていきたい」と思いの丈を明かす。すると正樹の親友・合屋厚成役の山田が「プラモデルみたい」と髪の毛に茶々をいれ、健太郎は「誰がプラモデルだ!」と即座にツッコミを入れていた。

 さらに健太郎は、長編映画初主演に対し「総長と主演を自分のなかで重ね合わせている部分もあって、携われることがすごく嬉しかった」と顔をほころばせる。そして「いかにキャストの皆と仲良く楽しい雰囲気を作り出せるか」をテーマに掲げていたといい、「演じる気合いは、誰にも負けないくらい入れました」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >